• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

豪戦シュートで時の人 MF井手口“合宿脱走”のヤンチャ伝説

 2018年ロシアW杯出場を決めたアジア最終予選オーストラリア戦(8月31日)でMVP級の活躍を見せたG大阪MF井手口陽介。

 代表3試合目で大一番のスタメンに抜擢された身長171センチの21歳MFが、大柄なオーストラリア選手を相手に持ち味の「ボール奪取力」を見せつけ、終盤にはダメ押しとなる2点目をミドルで豪快に決めた。

 日本代表の世代交代の象徴的存在として知名度急上昇中。そんな井手口には、ピッチ上よりもアグレッシブな「若き日のヤンチャ坊主」のエピソードがゴマンとある。

 まずは「年代別日本代表造反事件」だ。

 G大阪ユース時代から年代別日本代表に選出され、高校2年の13年にはG大阪のトップチームに選手登録。この年の10月に開催されたU―17(17歳以下)W杯メンバーの主力として期待された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事