豪戦シュートで時の人 MF井手口“合宿脱走”のヤンチャ伝説

公開日:

 2018年ロシアW杯出場を決めたアジア最終予選オーストラリア戦(8月31日)でMVP級の活躍を見せたG大阪MF井手口陽介。

 代表3試合目で大一番のスタメンに抜擢された身長171センチの21歳MFが、大柄なオーストラリア選手を相手に持ち味の「ボール奪取力」を見せつけ、終盤にはダメ押しとなる2点目をミドルで豪快に決めた。

 日本代表の世代交代の象徴的存在として知名度急上昇中。そんな井手口には、ピッチ上よりもアグレッシブな「若き日のヤンチャ坊主」のエピソードがゴマンとある。

 まずは「年代別日本代表造反事件」だ。

 G大阪ユース時代から年代別日本代表に選出され、高校2年の13年にはG大阪のトップチームに選手登録。この年の10月に開催されたU―17(17歳以下)W杯メンバーの主力として期待された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る