日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハリルの本音は金銭闘争 W杯決定後“辞任示唆”会見の波紋

 先月31日のオーストラリア戦を2―0でモノにし、ロシアW杯本大会出場を決めた日本代表。

 消化試合となったアジア最終予選最終節のサウジアラビア戦(日本時間6日2時30分開始)は0―1の負け試合となったが、終わってみれば6勝2分け2敗(17得点.7失点)の勝ち点20。予選B組を堂々の首位通過である。

 2014年8月に日本代表監督に就任したアギーレ監督(58)が「スペインのクラブ監督時代の八百長疑惑」によって日本サッカー協会(JFA)から契約解除を言い渡された15年2月の翌月、後任監督としてハリルホジッチ(65)が来日。「イレギュラーな形で日本代表を任され、それでも結果を出したではないか!」と自画自賛しながら、フン反り返っても文句は言われないだろう。

 そのハリルホジッチ監督は、ピッチ外でも「JFA相手に仕掛けた戦いにも勝利した!」とはマスコミ関係者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事