鈴木愛の連覇阻む 李知姫が"一方通行作戦"で賢く攻め勝利

公開日:  更新日:

【日本女子プロ・コニカミノルタ杯 最終日】

 濃霧と雷雲接近のためスタートが4時間近くも遅れた最終日は、首位タイ発進の李知姫(38)が69で回り、通算5アンダーまで伸ばして今季初優勝(通算22勝目)だった。

 李はスイングをドローからフェードに変更していた。

「(スイング変更は)アイアンの飛距離が(ドローだと)合わなくて、ちゃんと当たったらすごく飛んじゃったり、当たらなくて飛ばなかったりの差がすごかった。フェードにしたらよくなった感じ」(李)

 ドローは目標より右に打ち出して落ち際で左へ、フェードは左に打ち出して落ち際で右へと、球筋がまったく違う。田原紘プロがこう解説する。

「私が聞いたところ、李は2、3年前からフェードボールに取り組んでいた。そのスイング改造が熟しての優勝ということでしょう。フェードヒッターだから、ドローヒッターだから優勝できるということはない。ただ李はダウンスイングからの切り返しのタイミングが一定しており、絶対に左に行かないという確信を持ってプレーしていた。表情に変化が見られず、自分のペースを崩さずに守っていた。アドレスはストレート系に近く、オープンではない。フェアウエーが狭く設定された会場は球筋が一方通行のほうが強く、コース攻略もシンプルになる。フェードに球筋を変えたことでショットに自信がつき、初めて日本女子プロタイトルを手にできたわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る