鈴木愛の連覇阻む 李知姫が"一方通行作戦"で賢く攻め勝利

公開日:  更新日:

【日本女子プロ・コニカミノルタ杯 最終日】

 濃霧と雷雲接近のためスタートが4時間近くも遅れた最終日は、首位タイ発進の李知姫(38)が69で回り、通算5アンダーまで伸ばして今季初優勝(通算22勝目)だった。

 李はスイングをドローからフェードに変更していた。

「(スイング変更は)アイアンの飛距離が(ドローだと)合わなくて、ちゃんと当たったらすごく飛んじゃったり、当たらなくて飛ばなかったりの差がすごかった。フェードにしたらよくなった感じ」(李)

 ドローは目標より右に打ち出して落ち際で左へ、フェードは左に打ち出して落ち際で右へと、球筋がまったく違う。田原紘プロがこう解説する。

「私が聞いたところ、李は2、3年前からフェードボールに取り組んでいた。そのスイング改造が熟しての優勝ということでしょう。フェードヒッターだから、ドローヒッターだから優勝できるということはない。ただ李はダウンスイングからの切り返しのタイミングが一定しており、絶対に左に行かないという確信を持ってプレーしていた。表情に変化が見られず、自分のペースを崩さずに守っていた。アドレスはストレート系に近く、オープンではない。フェアウエーが狭く設定された会場は球筋が一方通行のほうが強く、コース攻略もシンプルになる。フェードに球筋を変えたことでショットに自信がつき、初めて日本女子プロタイトルを手にできたわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る