8強進出の奥原希望 “絶対女王”への課題は環境への適応力

公開日:

「応援してくれたファンの期待に応えられてよかった」――。

 バドミントン世界女王の奥原希望(22)が満足そうに振り返った。

 21日のジャパン・オープン(東京)女子シングルス2回戦。優勝した8月の世界選手権決勝で熱戦を演じたプサルラ・シンドゥ(22=インド)に21―18、21―8のストレート勝ち。ライバルを48分で退けて準々決勝進出である。

 これで今季の奥原はプサルラ相手に2勝2敗。先週の韓国オープンは決勝で1―2で敗れている。奥原によれば、韓国の会場は空調の関係からコート周辺に風が舞っており、スマッシュの力加減に戸惑い苦戦。特に「ネットプレーに泣かされた」(奥原)という。

 奥原は以前から、会場によって異なる広さや天井までの高さなどで距離感が掴めず、プレーの安定性を欠くことが珍しくなかった。自身が目標とする「絶対王者」になるには、環境への適応力も鍵になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る