柔道、レスリング、バドも…世界選手権メダル量産の裏側

公開日:

 今年の世界選手権は各競技ともメダルラッシュだ。

 男女各階級合わせて9個のメダルを獲得したレスリング(8月=パリ)を筆頭に、バドミントン(8月=英グラスゴー)は女子シングルス金の奥原希望ら4組が表彰台に立った。現在、開催中の柔道(ブダペスト)は男女とも軽量級(男子60キロ級、66キロ級、女子48キロ級、52キロ級)を制し、日本時間2日は女子70キロ級で新井千鶴(23)が初の金、78キロ級で梅木真美(22)が銀を獲得した。各競技とも日本勢の活躍が目立つ。

 競技によっては若手の台頭もあり、2020年東京五輪に向けて幸先のいいスタートとも言えるが、3年後も同様にメダルを量産できると考えるのは早計だ。

 昨夏のリオ五輪から1年あまり。本格的な選手強化に着手していない国が少なくないうえ、海外のトップ選手の欠場も目立つからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る