• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

柔道、レスリング、バドも…世界選手権メダル量産の裏側

 今年の世界選手権は各競技ともメダルラッシュだ。

 男女各階級合わせて9個のメダルを獲得したレスリング(8月=パリ)を筆頭に、バドミントン(8月=英グラスゴー)は女子シングルス金の奥原希望ら4組が表彰台に立った。現在、開催中の柔道(ブダペスト)は男女とも軽量級(男子60キロ級、66キロ級、女子48キロ級、52キロ級)を制し、日本時間2日は女子70キロ級で新井千鶴(23)が初の金、78キロ級で梅木真美(22)が銀を獲得した。各競技とも日本勢の活躍が目立つ。

 競技によっては若手の台頭もあり、2020年東京五輪に向けて幸先のいいスタートとも言えるが、3年後も同様にメダルを量産できると考えるのは早計だ。

 昨夏のリオ五輪から1年あまり。本格的な選手強化に着手していない国が少なくないうえ、海外のトップ選手の欠場も目立つからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事