柔道、レスリング、バドも…世界選手権メダル量産の裏側

公開日:

 今年の世界選手権は各競技ともメダルラッシュだ。

 男女各階級合わせて9個のメダルを獲得したレスリング(8月=パリ)を筆頭に、バドミントン(8月=英グラスゴー)は女子シングルス金の奥原希望ら4組が表彰台に立った。現在、開催中の柔道(ブダペスト)は男女とも軽量級(男子60キロ級、66キロ級、女子48キロ級、52キロ級)を制し、日本時間2日は女子70キロ級で新井千鶴(23)が初の金、78キロ級で梅木真美(22)が銀を獲得した。各競技とも日本勢の活躍が目立つ。

 競技によっては若手の台頭もあり、2020年東京五輪に向けて幸先のいいスタートとも言えるが、3年後も同様にメダルを量産できると考えるのは早計だ。

 昨夏のリオ五輪から1年あまり。本格的な選手強化に着手していない国が少なくないうえ、海外のトップ選手の欠場も目立つからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る