• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

香川&武藤が好反応 代表落選を匂わせたハリルの深謀遠慮

 日本代表を率いるハリルホジッチ監督、間違いなく「ニヤリ」とほくそ笑んだことだろう。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(28)が、日本時間21日の敵地ハンブルガー戦で今季初ゴールをゲット。ブンデスリーガ通算37得点目となり、レスターFW岡崎慎司(31)がドイツ時代に達成した「日本人ブンデスリーガ最多得点記録」に並んだ。

 同日、マインツの日本代表FW武藤嘉紀(25)が、地元ホッフェンハイム戦で相手選手3人に囲まれながら強引にドリブル突破。角度のないところからGKの股を抜く強烈ゴールを決め、地元メディアに絶賛された。  香川に武藤――。彼らには共通項がある。日本代表が、18年ロシアW杯出場を決めたアジア最終予選オーストラリア戦(8月31日)に「お呼びが掛からなかった」選手なのだ。

「オーストラリア戦の先発はGK川島の前にDFの吉田、昌子、長友、酒井宏が並び、MFには長谷部、山口、そして21歳の井手口が抜擢され、FWの大迫、乾、22歳の浅野が3トップを形成。途中出場は原口、岡崎、久保のFW陣。W杯出場が決まる大一番に先発した11人と途中出場の計14選手をハリルホジッチ監督は『日本代表のベストメンバー』と呼び、周囲に『彼らがロシアW杯に出場する日本代表の中核をなす選手』と話しているようです。これがオーストラリア戦で出番のなかった選手たちの耳に入った。香川と武藤のゴールは『クラブでケガを恐れずにガムシャラにプレーし、アピールしないと代表落選もある』という危機感があったればこそ、です」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る