香川&武藤が好反応 代表落選を匂わせたハリルの深謀遠慮

公開日:

 日本代表を率いるハリルホジッチ監督、間違いなく「ニヤリ」とほくそ笑んだことだろう。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(28)が、日本時間21日の敵地ハンブルガー戦で今季初ゴールをゲット。ブンデスリーガ通算37得点目となり、レスターFW岡崎慎司(31)がドイツ時代に達成した「日本人ブンデスリーガ最多得点記録」に並んだ。

 同日、マインツの日本代表FW武藤嘉紀(25)が、地元ホッフェンハイム戦で相手選手3人に囲まれながら強引にドリブル突破。角度のないところからGKの股を抜く強烈ゴールを決め、地元メディアに絶賛された。  香川に武藤――。彼らには共通項がある。日本代表が、18年ロシアW杯出場を決めたアジア最終予選オーストラリア戦(8月31日)に「お呼びが掛からなかった」選手なのだ。

「オーストラリア戦の先発はGK川島の前にDFの吉田、昌子、長友、酒井宏が並び、MFには長谷部、山口、そして21歳の井手口が抜擢され、FWの大迫、乾、22歳の浅野が3トップを形成。途中出場は原口、岡崎、久保のFW陣。W杯出場が決まる大一番に先発した11人と途中出場の計14選手をハリルホジッチ監督は『日本代表のベストメンバー』と呼び、周囲に『彼らがロシアW杯に出場する日本代表の中核をなす選手』と話しているようです。これがオーストラリア戦で出番のなかった選手たちの耳に入った。香川と武藤のゴールは『クラブでケガを恐れずにガムシャラにプレーし、アピールしないと代表落選もある』という危機感があったればこそ、です」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る