清宮1位指名は何球団 スカウトが語る外した場合のリスク

公開日:

「実際に何球団が1位で行くのか、これが今年のドラフトのカギを握る」

 さる球団の編成幹部がこう言う。

 9月末にプロ入りを明言し、プロ志望届を提出した早実・清宮幸太郎。各球団は2日、清宮家との面談を行うために資料作りにあくせくしているのと並行して、最終的にドラフト会議で何球団が清宮を1位指名するのか、しそうなのかをそれぞれ探り合っているという。

 あるパ球団のスカウトはこう話す。

「ドラフト当日までハッキリしたことはわからないだろうが、現段階での見立ては9球団の競合。夏の甲子園で史上最多の6本塁打を記録した捕手の中村奨成(広陵)に2球団、即戦力の投手が欲しいところが1球団。これまでの史上最多、89年の野茂英雄(新日鉄堺)、90年の小池秀郎(亜大)の8球団を上回る可能性はあるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る