• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松原良香
著者のコラム一覧
松原良香元サッカー日本代表

1974年8月19日、静岡県浜松市出身。東海大学第一高等学校を卒業後、ウルグアイのペニャロールを経て、94年にJリーグ、ジュビロ磐田に入団。96年には「マイアミの奇跡」として記憶に残る、アトランタ五輪日本代表としてブラジル代表を破る。その後清水エスパルス – ジェフ市原 – HNKリエカ(クロアチア) – ドレモン(スイス) – 湘南ベルマーレ – プログレッソ(ウルグアイ) – アビスパ福岡 – デフェンソール(ウルグアイ) – 沖縄かりゆしFC– 静岡FCと国内外を問わず12チームでプレー。2005年に現役を引退し、現在はサッカークラブ、スクールの運営や解説者として活動中。2016年より筑波大学院に通い、スポーツマネジメントを専攻。

典型的なウルグアイ“密着マーカー” DFゴンザレスを直撃

ウルグアイ代表MFゴンザレス(左)と著者

 8月31日のロシアW杯アジア最終予選オーストラリア戦は「勝てばW杯出場決定」の大一番。その日、元アトランタ五輪代表FW松原良香氏は、地球の裏側ウルグアイの首都モンテビデオにいた。W杯南米予選第15節・ホームでのアルゼンチン戦を目の当たりにするために――。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る