高卒新人6人目初打席HR ベイ細川は“イースタンの三振王”

公開日: 更新日:

 衝撃の一発だった。

 3日、DeNAの昨年のドラフト5位、高卒ルーキーの細川成也外野手(茨城・明秀学園日立高)が5番右翼で一軍デビュー。初回2死一、三塁の1打席目、バックスクリーン右下の電光掲示板を直撃する特大の本塁打を放った。

 高卒1年目の初打席初本塁打は、昨年のヤクルトの広岡に次いで史上6人目の快挙だ。

■「中田翔みたい」

 この細川、今年の春のキャンプでも特大の一発を放った。阪神との練習試合で左腕・島本からバックスクリーン右に本塁打。ラミレス監督は「中田翔みたい」「パワーは(元西武の本塁打王だった)カブレラ級」と舌を巻いた。

 明秀学園日立高3年時は中軸打者兼投手。「二刀流」で臨んだ最後の夏は投手として146キロをマークするなど、茨城県大会の決勝まで駒を進めた。かつて光星学院(青森)で坂本(巨人)を育てた同校の金沢監督によれば、「打球の飛距離とパワーはどの教え子よりも上」だそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    プーチンに3000億円も献上し物事が後退してしまうって…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る