ドタバタ韓国は対岸の火事 ハリル監督“平和な日本”に安堵

公開日:

 韓国代表の申台龍監督とサッカー協会技術委員会の金鎬坤委員長が欧州遠征から帰国した15日、空港で待ち構えていた一部サポーターが「謹弔 韓国サッカーは死んだ!!」などと書かれた横断幕を掲げながら猛抗議。同空港内で予定されていた記者会見がキャンセルされる騒ぎとなった。

 韓国は、ロシアW杯アジア最終予選A組をイランに次いで2位通過したが、同組最下位のカタールに敗れるなど不甲斐ない試合続きで3位のシリア、4位のウズベキスタンの後塵を拝する寸前だった。

 今回の欧州遠征ではロシアに敗れた後、二軍同然のモロッコにも完敗した。これでサポーターの怒りが沸騰したというワケだが、現地では「申台龍監督は今月中に解任され、ロンドン五輪銅メダル監督にして、2014年ブラジルW杯に韓国代表を率いた洪明甫が、後任に指名される」ともっぱら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る