ドタバタ韓国は対岸の火事 ハリル監督“平和な日本”に安堵

公開日: 更新日:

 韓国代表の申台龍監督とサッカー協会技術委員会の金鎬坤委員長が欧州遠征から帰国した15日、空港で待ち構えていた一部サポーターが「謹弔 韓国サッカーは死んだ!!」などと書かれた横断幕を掲げながら猛抗議。同空港内で予定されていた記者会見がキャンセルされる騒ぎとなった。

 韓国は、ロシアW杯アジア最終予選A組をイランに次いで2位通過したが、同組最下位のカタールに敗れるなど不甲斐ない試合続きで3位のシリア、4位のウズベキスタンの後塵を拝する寸前だった。

 今回の欧州遠征ではロシアに敗れた後、二軍同然のモロッコにも完敗した。これでサポーターの怒りが沸騰したというワケだが、現地では「申台龍監督は今月中に解任され、ロンドン五輪銅メダル監督にして、2014年ブラジルW杯に韓国代表を率いた洪明甫が、後任に指名される」ともっぱら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  6. 6

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る