巨人の“頭脳”田畑スコアラー ヤクルトに流出の大打撃

公開日:  更新日:

 巨人の田畑一也スコアラー(48)がヤクルトの一軍投手コーチに就任することが発表された。

 神宮球場のクラブハウスを訪れ、「相手に嫌がられるピッチャーをつくりたい」と抱負を語った田畑氏は、1996年にダイエーからヤクルトに移籍して才能開花。野村監督の下で97年に15勝を挙げ、「野村再生工場」の象徴的存在になった。近鉄を経て2002年に巨人で引退すると、スコアラーに転身。一軍投手コーチを務めた今季は7月途中から、運営部戦略室へ異動していた。

 巨人関係者によれば、「野村IDの薫陶を受けただけに、情報の収集・分析にたけていた。7月の異動はチーム低迷の責任を取らされたという見方もあったが、データ活用を重視する鹿取GMが運営部戦略室の強化のために田畑をスコアラーに戻したのが本当のところ。田畑を広島専従のスコアラーにしてから、それまで3勝11敗と一方的だった対広島の戦績が、4勝7敗と勝率が上がった。鹿取GMの肝いりで、来季はスコアラーのチーム別担当制の導入が検討されていた矢先の人材流出だけに頭を痛めている」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る