巨人の“頭脳”田畑スコアラー ヤクルトに流出の大打撃

公開日: 更新日:

 巨人の田畑一也スコアラー(48)がヤクルトの一軍投手コーチに就任することが発表された。

 神宮球場のクラブハウスを訪れ、「相手に嫌がられるピッチャーをつくりたい」と抱負を語った田畑氏は、1996年にダイエーからヤクルトに移籍して才能開花。野村監督の下で97年に15勝を挙げ、「野村再生工場」の象徴的存在になった。近鉄を経て2002年に巨人で引退すると、スコアラーに転身。一軍投手コーチを務めた今季は7月途中から、運営部戦略室へ異動していた。

 巨人関係者によれば、「野村IDの薫陶を受けただけに、情報の収集・分析にたけていた。7月の異動はチーム低迷の責任を取らされたという見方もあったが、データ活用を重視する鹿取GMが運営部戦略室の強化のために田畑をスコアラーに戻したのが本当のところ。田畑を広島専従のスコアラーにしてから、それまで3勝11敗と一方的だった対広島の戦績が、4勝7敗と勝率が上がった。鹿取GMの肝いりで、来季はスコアラーのチーム別担当制の導入が検討されていた矢先の人材流出だけに頭を痛めている」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る