巨人の“頭脳”田畑スコアラー ヤクルトに流出の大打撃

公開日: 更新日:

 4位Bクラスに沈んだ今季の巨人は、広島に7勝18敗と大きく負け越した。各打者の対戦成績でも鈴木誠也に打率.310、3本塁打、15打点、松山に.308、1本塁打、10打点、丸に・295、4本塁打、13打点、エルドレッドには7本塁打、17打点を献上。特定の打者にカモにされた。その対策を田畑氏が担うはずだっただけに、同一リーグ球団への流出は確かに痛い。

 広島だけではなく、例えばDeNAにもロペスと梶谷に5本塁打、12打点、桑原に4本塁打、12打点。阪神の福留には2本塁打を浴びて18打点を許した。同じ打者に同じように打たれるのは、情報収集や分析の問題でもある。その“頭脳”の一角が欠けた。今季、ヤクルトには17勝8敗と大きく勝ち越したが、それも来季は分からなくなりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  3. 3

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  4. 4

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る