OBもベテランも「NO」 中日二軍投手コーチ不人気の理由

公開日:  更新日:

 クライマックスシリーズの裏で、各球団のコーチングスタッフが次々と発表されている。

 新入閣に加え、他球団からの横滑りなどさまざまだが、そんな中で中日は編成部門と現場部門のシャッフルが行われた。今季途中には友利投手コーチが一軍投手コーチから編成に配置転換されたが、今月16日には編成担当の岩田慎司氏(30)が二軍投手コーチに起用された。岩田氏は昨季まで現役で、今年、背広組に転身したばかり。この編成と現場の“内部異動”は、球団全体でチームを育成するという狙いがあるらしい。しかし、岩田氏の就任は抜擢というより、苦肉の策ともっぱらだ。

「ベテランの岩瀬仁紀(42)や3年契約最終年を終えた山井大介(39)に現役引退とコーチ手形を用意したものの断られ、川上憲伸(42)などの中日OBにもフラれて頓挫。困った揚げ句、岩田にお鉢が回ってきたというわけです」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る