OBもベテランも「NO」 中日二軍投手コーチ不人気の理由

公開日: 更新日:

 クライマックスシリーズの裏で、各球団のコーチングスタッフが次々と発表されている。

 新入閣に加え、他球団からの横滑りなどさまざまだが、そんな中で中日は編成部門と現場部門のシャッフルが行われた。今季途中には友利投手コーチが一軍投手コーチから編成に配置転換されたが、今月16日には編成担当の岩田慎司氏(30)が二軍投手コーチに起用された。岩田氏は昨季まで現役で、今年、背広組に転身したばかり。この編成と現場の“内部異動”は、球団全体でチームを育成するという狙いがあるらしい。しかし、岩田氏の就任は抜擢というより、苦肉の策ともっぱらだ。

「ベテランの岩瀬仁紀(42)や3年契約最終年を終えた山井大介(39)に現役引退とコーチ手形を用意したものの断られ、川上憲伸(42)などの中日OBにもフラれて頓挫。困った揚げ句、岩田にお鉢が回ってきたというわけです」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る