加藤健
著者のコラム一覧
加藤健新潟アルビレックスBC 球団社長補佐

1981年3月23日、新潟県生まれ。ソフトバンク松坂と同学年の「松坂世代」のひとり。新発田農3年の春夏甲子園に主将で出場。98年ドラフト3位で巨人に入団。2008年の日本シリーズでは5試合に出場。17年目の15年にキャリアハイの35試合に出場。16年限りで引退。現在は独立リーグの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(BC)の「球団社長補佐」として活動する。

準備、確率、思い切りが大事だと知った“奇跡の初本塁打”

公開日: 更新日:

 昨年限りで引退した加藤健氏は、巨人での18年間で規定打席に到達したシーズンは1度もなかった。球界を代表する捕手・阿部慎之助の陰で控え捕手として縁の下で支え、「困った時のカトケン」と重宝された。

 ――今の巨人は9人も捕手が在籍。控えの心得は?

「2番手、3番手捕手って絶対ケガしちゃいけない。いくらでも代わりはいるんです。ボクもサネ(実松)も、ケガしてもやりながら治しました。ボクはあばら骨にヒビが入っていたけど試合に出続けたことがありました」

 ――35試合に出場した2015年?

「はい。クロスプレーでDeNAの嶺井とぶつかって。翌日は大竹とバッテリーを組んでスタメン。痛かったですけど、ケガがバレないように打撃練習は全部バントや右打ちでごまかしました。痛み止めのボルタレンを上から飲んで、下からも入れて……。それで試合に出たらボクが打って勝ったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る