あるか出世部屋の入居 清宮が5年入る日ハム寮生活の全貌

公開日: 更新日:

 とかく窮屈な寮生活になりそうだが、良くも悪くも野球に集中するしかなくなるのではないか。

 寮とグラウンド、室内練習場はそれぞれ隣接している。球団は故障防止の目的で当面は体を追い込む練習は行われないようだが、やろうと思えば深夜に室内でマシン打撃などができる。

■図書館顔負けの読書室が

 日ハムは生活指導にも力を入れている。

 多くの球団では座学でトレーニングを中心とした技術指導が行われるが、日ハムはそれ以外に読書の時間を設けており、寮の2階にあるミーティングルームには、野球の専門書や文芸書などが計300冊ほどあるというから、図書館顔負けだ。

 さらに異業種の講師を招いての講演も定期的に行っている。


「日ハムには寮長とは別に、選手教育ディレクターがいる。いわゆる『教官』です。元高校教師の本村幸雄氏がそうで、同氏がかつて学んだ『教師塾』(原田隆史塾長)のメソッドを取り入れ、指導している。球団オリジナルの日誌に日々の目標、練習内容、それを受けての反省点などを書かせた上、半年に1度、『長期目標設定用紙』に記入させる。達成目標、経過目標などの項目があり、清宮のような1年目の選手はコーチと相談した上で目標の試合数を設定し、それを達成するために体力、技術などをどう向上させるかを細かく記すことになる」(前出のマスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る