権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

「リクエスト」導入でプロ野球の醍醐味が失われないか

公開日: 更新日:

 このギリギリのタイミングが流れるようなプレーを生み、さすがはプロだとファンを感嘆させる。

 厳密に見れば、実際に捕球より先に足が離れているケースもある。プロはそれを暗黙の了解としてアウトとしてきた。来季からはそれも、リプレー検証の対象になり、いちいちアウトかセーフかと、そのたびに試合が止まる可能性もあるわけだ。

 選手がそれに萎縮し、慎重に慎重を重ねるようになって、本来のプロのプレーの凄み、醍醐味が失われないか。当然、NPBが声高に叫ぶ「試合時間の短縮」に逆行する懸念も生じる。

 今年の日本シリーズでは本塁のクロスプレーを巡ってリプレー検証になり、5分以上も試合が中断した。そんなことが乱発され、試合自体の興をそぐことになりやしないか。懸念を挙げればきりがない。


 メジャーのプレーオフを真似て始めたクライマックスシリーズだって、大いに改善の余地があると思っている。30球団ある米国と違い、セ・パそれぞれ6球団しかない日本で、半分の3球団に日本一の可能性を与えるシステムはやはり、しっくりこない。日本シリーズは一年間のペナントレースを勝ち抜いた「真の王者」同士で戦うべきだという思いが私にはある。なんでもかんでもメジャーの後追いでいいのか。

 国際基準うんぬんと言うなら、WBCのたびに問題になるボールの問題を解決するのが先だし、日米で大きく違うストライクゾーンこそ議論すべきだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る