権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

「リクエスト」導入でプロ野球の醍醐味が失われないか

公開日: 更新日:

 くだらん、と思ってしまう。またメジャーの物真似か、という印象だ。

 来季から日本のプロ野球に導入される、「リクエスト」制度のことである。判定に異議がある際に、監督が映像による検証を審判に要求できる制度で、これまでは本塁打の判定や本塁クロスプレーなど審判が必要と判断した場合のみ、リプレー検証が行われてきた。それを、監督の求めに応じて、すべての塁でのアウト、セーフの判定に対しても認める。運用の幅を広げるというわけだ。

 メジャーではすでに、2014年から「チャレンジ」の呼称で導入されている。メジャーのそれと違うのは、米国が1試合1回(ポストシーズンは2回)としている回数が、日本は1試合2回まで認められること。どちらも、判定が覆った場合には回数が減らない。

 これで、どういうことが起きるか。例えば、併殺プレーだ。特に二塁のフォースアウトが絡む6―4―3や4―6―3の併殺の場合、二塁ベースに入る野手の足が捕球より先に離れているように見える場合が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  2. 2

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  3. 3

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  4. 4

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  7. 7

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  8. 8

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  9. 9

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  10. 10

    伊藤健太郎を待ち受ける生き地獄…違約金・慰謝料・引退説

もっと見る