負けなし20連勝 強すぎる小平に囁かれる江陵の風の陰謀説

公開日: 更新日:

 昨季の世界女王に死角はなさそうだ。

 18日(日本時間19日)に閉幕したスピードスケートのW杯第2戦(ノルウェー・スタバンゲル)の女子500メートルで小平奈緒(31)が37秒07で優勝。W杯15勝目をマークし、同種目では昨季から国内外通じて20連勝を達成した。今大会は2日間とも、五輪2連覇中で世界記録(36秒36)保持者の李相花(28=韓国)と同走し、2戦とも1秒近く引き離してゴールした。

 今年2月の世界スプリント選手権(カナダ)女王は、もはや敵なし。来年2月の平昌五輪での金メダル取りが確実視される。

 スピードスケート会場である新設の江陵競技場は高速コース。リンクの氷は海外の専門家がメンテナンスを行い、良質な状態が保たれている上に、会場の天井部に設置された送風機の影響も大きいとされる。今年2月のテストイベント(世界距離別選手権)では、レース中に送風機が使用され、好タイムが続出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  7. 7

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る