負けなし20連勝 強すぎる小平に囁かれる江陵の風の陰謀説

公開日: 更新日:

 昨季の世界女王に死角はなさそうだ。

 18日(日本時間19日)に閉幕したスピードスケートのW杯第2戦(ノルウェー・スタバンゲル)の女子500メートルで小平奈緒(31)が37秒07で優勝。W杯15勝目をマークし、同種目では昨季から国内外通じて20連勝を達成した。今大会は2日間とも、五輪2連覇中で世界記録(36秒36)保持者の李相花(28=韓国)と同走し、2戦とも1秒近く引き離してゴールした。

 今年2月の世界スプリント選手権(カナダ)女王は、もはや敵なし。来年2月の平昌五輪での金メダル取りが確実視される。

 スピードスケート会場である新設の江陵競技場は高速コース。リンクの氷は海外の専門家がメンテナンスを行い、良質な状態が保たれている上に、会場の天井部に設置された送風機の影響も大きいとされる。今年2月のテストイベント(世界距離別選手権)では、レース中に送風機が使用され、好タイムが続出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  4. 4

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

  9. 9

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  10. 10

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

もっと見る