4場所連続休場の稀勢の里 「白鵬に頭下げ稽古を」と苦言

公開日: 更新日:

「あんな相撲しか取れないのでは引退しても惜しくない。むしろ、闘志あふれる相撲の日馬富士こそ引退させたくないですよ」

 こう話すのは相撲評論家の中澤潔氏だ。

 11月場所10日目の昨21日、横綱稀勢の里(31)が休場届を提出。今場所は1場所の最多タイ記録となる金星5個を配給し、4勝5敗の体たらくだった。

 これで4場所連続休場。次の1月場所次第では進退問題に発展することは避けられない。

 冒頭の中澤氏は「必死さがどこにも見えない」と言う。

「確かに春場所以降、ケガに悩まされ、相撲勘の衰えなど技術的な面でも不安はあるでしょう。しかし、今の稀勢の里はそれ以前の問題です。『休場が続いているので、この場所にかけるしかない!』という気持ちがあるとはとても思えない。体もブヨブヨだし、相撲も消極的。対照的なのが白鵬です。ダメ押しをするなど相変わらずの面もあるが、相手に向かっていく闘志は素晴らしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る