4場所連続休場の稀勢の里 「白鵬に頭下げ稽古を」と苦言

公開日:

「あんな相撲しか取れないのでは引退しても惜しくない。むしろ、闘志あふれる相撲の日馬富士こそ引退させたくないですよ」

 こう話すのは相撲評論家の中澤潔氏だ。

 11月場所10日目の昨21日、横綱稀勢の里(31)が休場届を提出。今場所は1場所の最多タイ記録となる金星5個を配給し、4勝5敗の体たらくだった。

 これで4場所連続休場。次の1月場所次第では進退問題に発展することは避けられない。

 冒頭の中澤氏は「必死さがどこにも見えない」と言う。

「確かに春場所以降、ケガに悩まされ、相撲勘の衰えなど技術的な面でも不安はあるでしょう。しかし、今の稀勢の里はそれ以前の問題です。『休場が続いているので、この場所にかけるしかない!』という気持ちがあるとはとても思えない。体もブヨブヨだし、相撲も消極的。対照的なのが白鵬です。ダメ押しをするなど相変わらずの面もあるが、相手に向かっていく闘志は素晴らしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る