バレ逃しFA増井も争奪戦 フラれまくり巨人は補強全敗危機

公開日: 更新日:

 今季Bクラス4位に沈んだ巨人が、オフの補強でも苦戦を強いられている。FA戦線では日本ハムの抑えを務めた増井浩俊(33)に加え、今季11勝(10敗)を挙げた西武野上亮磨(30)が新たに浮上。残留交渉の難航が伝えられる14勝(8敗)のマイコラス(29)のメジャー流出に備え、代役として白羽の矢が立った格好だ。さる球界関係者がこう言う。

「当初、増井は巨人で決まりとみられていた。それが、日本ハム残留の線が出てきたうえ、オリックス中日などが次々と参戦。争奪戦になり、雲行きが変わってきた。巨人としては、老川オーナーが補強宣言をしたばかり。確実に来てくれると思っていた増井に逃げられたらタイミングも悪い。念のために野上にも声を掛け、FA補強ゼロという事態にならないよう手を打つということでしょう」

 さらにまずい状況なのは外国人補強である。このオフの最も重要な補強ポイントは、「4番を張れる大砲」の獲得で、ヤクルトのバレンティン(33)、中日のゲレーロ(31)の獲得調査を進めていた。しかし、本命視されていたバレンティンがヤクルトに残留すると21日付のスポーツ報知が報じたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

もっと見る