バレ逃しFA増井も争奪戦 フラれまくり巨人は補強全敗危機

公開日:

 今季Bクラス4位に沈んだ巨人が、オフの補強でも苦戦を強いられている。FA戦線では日本ハムの抑えを務めた増井浩俊(33)に加え、今季11勝(10敗)を挙げた西武の野上亮磨(30)が新たに浮上。残留交渉の難航が伝えられる14勝(8敗)のマイコラス(29)のメジャー流出に備え、代役として白羽の矢が立った格好だ。さる球界関係者がこう言う。

「当初、増井は巨人で決まりとみられていた。それが、日本ハム残留の線が出てきたうえ、オリックスと中日などが次々と参戦。争奪戦になり、雲行きが変わってきた。巨人としては、老川オーナーが補強宣言をしたばかり。確実に来てくれると思っていた増井に逃げられたらタイミングも悪い。念のために野上にも声を掛け、FA補強ゼロという事態にならないよう手を打つということでしょう」

 さらにまずい状況なのは外国人補強である。このオフの最も重要な補強ポイントは、「4番を張れる大砲」の獲得で、ヤクルトのバレンティン(33)、中日のゲレーロ(31)の獲得調査を進めていた。しかし、本命視されていたバレンティンがヤクルトに残留すると21日付のスポーツ報知が報じたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る