• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マナーは最高も…日本の観客に「もっと応援を」と専門家

【ツアー選手権リコー杯 2日目】

 4年ぶりの日本人賞金女王誕生へ期待がかかる鈴木愛(23)が、「ずっとため息をついてイライラしていたので、非常に気分の悪い一日だったと思います」と、ホールアウト後は仏頂面だった。

 7位発進の2日目はノーバーディー、1ボギーの73。通算イーブンパー11位タイに順位を落とした。

 そんな時はギャラリーがもっと声を出して、落ち込む鈴木を激励してもいい。日本人はプロのプレーを邪魔せずマナーはいいのだが、観戦を楽しむのが下手だ。

 米事情に詳しいゴルフライターの吉川英三郎氏がこう言う。

「米ツアーはギャラリーが選手と一緒に戦っているという雰囲気がある。だから難しいショットが成功すれば大きな拍手と歓声が自然と湧き起こる。それがプロの力になります。ところが日本のギャラリーはおとなしくて、ゾロゾロと応援するプロと歩いているだけ。それはゴルフをよくわかっているか、いないかの違いともいえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る