• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マナーは最高も…日本の観客に「もっと応援を」と専門家

【ツアー選手権リコー杯 2日目】

 4年ぶりの日本人賞金女王誕生へ期待がかかる鈴木愛(23)が、「ずっとため息をついてイライラしていたので、非常に気分の悪い一日だったと思います」と、ホールアウト後は仏頂面だった。

 7位発進の2日目はノーバーディー、1ボギーの73。通算イーブンパー11位タイに順位を落とした。

 そんな時はギャラリーがもっと声を出して、落ち込む鈴木を激励してもいい。日本人はプロのプレーを邪魔せずマナーはいいのだが、観戦を楽しむのが下手だ。

 米事情に詳しいゴルフライターの吉川英三郎氏がこう言う。

「米ツアーはギャラリーが選手と一緒に戦っているという雰囲気がある。だから難しいショットが成功すれば大きな拍手と歓声が自然と湧き起こる。それがプロの力になります。ところが日本のギャラリーはおとなしくて、ゾロゾロと応援するプロと歩いているだけ。それはゴルフをよくわかっているか、いないかの違いともいえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る