鈴木愛か韓国人プロか…4人に絞られた賞金女王争いの行方

公開日: 更新日:

【大王製紙エリエール女子オープン】

「(ショットは)かなり良くなってきた。来週はコーライグリーンになるのでグリーンが難しくなりますね。来週はもう一度エースパターに戻して勝負したいと思います」

 通算17アンダーで優勝した申ジエ(29)に2打差の2位に終わった鈴木愛(23)がこう言った。

 次戦のツアー選手権(優勝賞金2500万円)は今季最終戦。賞金女王の可能性があるのは、賞金ランクトップの鈴木(約1億3601万円)から同4位の申ジエ(約1億1126万円)までの4人に絞られた。しかし、この大会は予選落ちがない。申ジエが勝っても鈴木が欠場か途中棄権、失格がなければ逆転はできない。

 2位キム・ハヌル(28=約1億1618万円)と3位イ・ミニョン(25=約1億1193万円)にしても優勝が絶対条件。鈴木有利の状況は変わらないが、もちろんキムは逆転女王を諦めてはいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  4. 4

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

もっと見る