横綱白鵬が会見 前夜の表彰式インタビューから一転低姿勢

公開日:

 大相撲九州場所で40回目の優勝を果たした横綱白鵬が千秋楽から一夜明けた27日午前、福岡市内のホテルで記者会見した。

 白鵬はまず九州場所について「いろいろと感慨深いものがある。自分を褒めたいと思います」「精神的にも肉体的にも厳しい場所だった」と振り返った。報道陣から横綱日馬富士の暴行事件について、横綱としてどう対応するかと聞かれると「見たものを見たままに申して、後は相撲協会と関係者の皆さまに任せて、結果を待つだけだと思います」と答えた。

 千秋楽の表彰式インタビューで「日馬富士と貴ノ岩を再び土俵に上げてあげたい」などと語ったのがウソのような低姿勢だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る