米LA入り大谷 敏腕代理人と各球団“二刀流プラン”を選別

公開日:

 日本ハムからポスティングシステムでメジャー移籍を目指す大谷翔平(23)が、交渉解禁に向けて本格的に動き始めた。

 11月29日(日本時間同30日)にロサンゼルス入り。1日(同2日)にもポスティングシステムが発効されるため、現地では各球団との交渉を前に代理人のネズ・バレロ氏と打ち合わせを行う。

 すでにバレロ氏が求めた具体的な二刀流プランなどを記した書面は、大半の球団が提出済み。今後は大谷を獲得する意思のある球団のGMをロス市内のバレロ氏の事務所に招き、大谷本人も交え、より詳細な起用法などの説明を求めるとみられる。

 大谷は、契約金の上限が決まっており、2000万ドル(約22億円)の入札金と合わせても、格安で獲得できるだけに、代理人の事務所には全30球団の編成責任者が押し寄せる可能性もある。当初、二刀流に否定的だった球団まで、ここにきて百八十度、方向転換しているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る