• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米LA入り大谷 敏腕代理人と各球団“二刀流プラン”を選別

 日本ハムからポスティングシステムでメジャー移籍を目指す大谷翔平(23)が、交渉解禁に向けて本格的に動き始めた。

 11月29日(日本時間同30日)にロサンゼルス入り。1日(同2日)にもポスティングシステムが発効されるため、現地では各球団との交渉を前に代理人のネズ・バレロ氏と打ち合わせを行う。

 すでにバレロ氏が求めた具体的な二刀流プランなどを記した書面は、大半の球団が提出済み。今後は大谷を獲得する意思のある球団のGMをロス市内のバレロ氏の事務所に招き、大谷本人も交え、より詳細な起用法などの説明を求めるとみられる。

 大谷は、契約金の上限が決まっており、2000万ドル(約22億円)の入札金と合わせても、格安で獲得できるだけに、代理人の事務所には全30球団の編成責任者が押し寄せる可能性もある。当初、二刀流に否定的だった球団まで、ここにきて百八十度、方向転換しているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事