米LA入り大谷 敏腕代理人と各球団“二刀流プラン”を選別

公開日: 更新日:

 日本ハムからポスティングシステムでメジャー移籍を目指す大谷翔平(23)が、交渉解禁に向けて本格的に動き始めた。

 11月29日(日本時間同30日)にロサンゼルス入り。1日(同2日)にもポスティングシステムが発効されるため、現地では各球団との交渉を前に代理人のネズ・バレロ氏と打ち合わせを行う。

 すでにバレロ氏が求めた具体的な二刀流プランなどを記した書面は、大半の球団が提出済み。今後は大谷を獲得する意思のある球団のGMをロス市内のバレロ氏の事務所に招き、大谷本人も交え、より詳細な起用法などの説明を求めるとみられる。

 大谷は、契約金の上限が決まっており、2000万ドル(約22億円)の入札金と合わせても、格安で獲得できるだけに、代理人の事務所には全30球団の編成責任者が押し寄せる可能性もある。当初、二刀流に否定的だった球団まで、ここにきて百八十度、方向転換しているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  10. 10

    失地回復に金正恩…米ロ外遊強行“外交のアベ”演出の皮算用

もっと見る