• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

視聴率欲しさ…貴乃花親方“擁護”に走る大手メディアの愚

 加害者である元横綱はどこへやら、すっかり「貴乃花親方VS相撲協会」の様相が定着した日馬富士暴行事件。テレビや新聞は連日、このニュースを扱っているが、そこで目立つのが貴乃花親方(45=元横綱)サイドに偏った報道だ。

 最近では、元相撲協会外部理事の宗像紀夫氏が某紙に登場。記事中で宗像氏は貴乃花親方の今回の一連の行動に理解を示しながら、協会の動きについては「『情報操作、世論操作の側面がある』と言われても仕方ないだろう」と語っていた。

 宗像氏はかつて相撲協会を解雇された「裏金顧問」をかばった人物だ。「裏金顧問」はパチンコ業者との契約交渉中、代理店関係者から500万円を受け取り、バッグにしまう動画が流出。当時、協会の危機管理委員長でもあった宗像氏はその際、「カネは返したから問題ない」という理屈で、顧問の処分を見送った。顧問が動画内で「絶対、これ(裏金)、バレへんようにしてくれる? 北の湖に……。(バレると)中止せなアカンようになる」と話しているにもかかわらず、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る