ドル箱が一転…フィギュア羽生の平昌“黄信号”にIOC悲鳴

公開日:

 11月のNHK杯公式練習で負った右足首のケガの回復が遅れ、平昌五輪代表選考会を兼ねた全日本選手権(21~24日=東京・調布)を欠場する羽生結弦(23)。今後は、2月9日開幕の五輪本番に向けて、調整に励むというが、氷上練習再開のメドすら立っていない。前回ソチ五輪金メダル、世界ランク1位など過去の実績から、平昌五輪代表入りの条件は満たしているものの、羽生の五輪出場は依然として不透明な状況なのだ。

 男子フィギュアスケートのチケットは、すでに完売(日本割り当て分)。チケットを購入した日本のファン以上に気を揉んでいるのがIOC(国際オリンピック委員会)、平昌五輪組織委だろう。

 冬季五輪でのフィギュアスケートの注目度は高く、女子ほどではないものの、男子も高視聴率が見込めるドル箱競技のひとつだ。前回ソチ大会での男子ショートプログラムは13.4%、同フリーは10.9%とまずまずの視聴率を記録(米NBC)。2種目合わせて全世界の視聴者数は4200万人以上にのぼった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る