格上ロシアに金星 アイスH日本女子は平昌決勝Tへ追い風

公開日:

 平昌五輪女子アイスホッケー日本代表に追い風である。

 25日の国際壮行試合は世界ランク4位(日本は9位)のロシア相手に逆転勝ち。格上相手に大金星を挙げ、平昌に弾みをつけた。

 今大会は組織的ドーピング違反により、ロシアの選手は個人資格でしか参加できない。代表メンバー6人の禁止薬物使用が発覚したアイスホッケーの出場は微妙だ。仮に出場できても、ロシア選手団の記録は公式に認められないため、団体競技であるアイスホッケーはオープン参加になるという。

 女子アイスホッケーは米国(1位)、カナダ(2位)など世界ランク上位4カ国の「A組」と、スウェーデン(5位)、スイス(6位)、日本など下位4カ国の「B組」、計8カ国で予選リーグを実施。B組上位2カ国がA組の4カ国と決勝トーナメントを戦う。A組ロシアの決勝トーナメント進出が認められなければ、B組から3チームが勝ち上がる可能性もある。B組での日本の位置付けはスウェーデン、スイスに次ぐ3番手。開催国枠で出場の韓国(22位)を下せば、初の決勝トーナメント進出も見えてくる。

 米国、カナダなどの強豪は今回、ドーピング違反歴のある選手を代表から外した。ロシアの自滅もあり、アイスホッケー日本代表は、まさか、まさかの上位進出もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る