実業団は駅伝優先 東京五輪後に消滅危機のマラソン大会が

公開日:

 20日に大阪国際女子マラソン(来年1月28日)の会見が行われ、出場選手が発表された。

 五輪代表を決めるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ=2019年9月以降開催)の出場条件は、「日本人1~3位なら2時間28分以内、同4~6位なら同27分以内」。すでに女子は、MGC切符を獲得できる2レースを終えているが、出場権を得ているのは8月の北海道マラソンで優勝した前田穂南(21)1人だけ。11月のさいたま国際からは出なかった。

 さいたま国際のコースはMGC出場権の獲得条件(記録)が、大阪と名古屋より1分甘い。それでも、2週間後に全日本実業団対抗女子駅伝があるので、指導者は選手をさいたまに出さない。マラソンで五輪を狙うなら1月の大阪国際や3月の名古屋ウィメンズにコンディションを合わせればいいと考えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  7. 7

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

もっと見る