• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シューズメーカー垂涎 駅伝ランナーはいまや走る営業マン

 こんな国は他にはない。

 来年の1月2、3日に行われる箱根大学駅伝に出場する各校のエントリー選手が10日に発表された。

 毎年30%近い視聴率をあげる正月恒例の駅伝は、スポーツ用品メーカーにとっては垂涎のイベントだ。選手たちのカラフルなユニホームの左胸には、契約しているメーカーのロゴマークが印刷されている。テレビに長時間映し出される広告効果は数十億円ともいわれている。

 だが、メーカーにとっておいしいのは箱根駅伝だけじゃない。

 本戦人気に比例するように、10月に行われている箱根駅伝予選会(東京・立川市)も多くのファンが注目。こちらも日本テレビの中継で、昨年の視聴率は10.8%(関東地区・ビデオリサーチ調べ=以下同)を記録した。

 伊勢路を走る11月の全日本大学駅伝は、テレビ朝日系で放送されている。今年の視聴率は前年(10.2%)を上回る11.0%。優勝した神奈川大の選手の胸には世界的メーカーのロゴマークがついていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る