• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シューズメーカー垂涎 駅伝ランナーはいまや走る営業マン

 こんな国は他にはない。

 来年の1月2、3日に行われる箱根大学駅伝に出場する各校のエントリー選手が10日に発表された。

 毎年30%近い視聴率をあげる正月恒例の駅伝は、スポーツ用品メーカーにとっては垂涎のイベントだ。選手たちのカラフルなユニホームの左胸には、契約しているメーカーのロゴマークが印刷されている。テレビに長時間映し出される広告効果は数十億円ともいわれている。

 だが、メーカーにとっておいしいのは箱根駅伝だけじゃない。

 本戦人気に比例するように、10月に行われている箱根駅伝予選会(東京・立川市)も多くのファンが注目。こちらも日本テレビの中継で、昨年の視聴率は10.8%(関東地区・ビデオリサーチ調べ=以下同)を記録した。

 伊勢路を走る11月の全日本大学駅伝は、テレビ朝日系で放送されている。今年の視聴率は前年(10.2%)を上回る11.0%。優勝した神奈川大の選手の胸には世界的メーカーのロゴマークがついていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事