謹慎明けて半年 バド桃田賢斗“推薦”で代表早期内定の裏側

公開日:  更新日:

 2年ぶりの表舞台復帰となりそうだ。

 バドミントンA代表(ナショナルチーム日本代表)に内定した男子シングルスの桃田賢斗(23)。昨年4月に違法カジノ店での賭博が発覚し、世界ランクが抹消された。1年1カ月の謹慎期間を経て今年5月に復帰すると、国際大会6大会中5大会で優勝し、世界ランクを48位(11月30日現在)まで上げた。

 シングルスの場合、2018年のナショナルチームの枠は男女各4人。選出条件は、3日に終了した全日本選手権の1位と2位、全日本後に発表される日本ランキングの1位。そして、最後の1枠が強化本部推薦選手(年齢制限なし)だ。桃田は準々決勝敗退。条件を満たしていないながら、「強化本部推薦選手」という“特別枠”でA代表に入ったことになる。

 今回の日本代表入りは、東京五輪に大きく影響する。五輪出場権は前年1年間(リオの場合15年5月~16年5月)に国際大会で獲得したポイントランキングによって決定。高いポイントが得られるスーパーシリーズへ優先的に派遣されるA代表入りは、五輪への近道になるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る