四大陸も欠場 羽生は“ぶっつけ本番”で4回転を捨てるのか

公開日:

 強化部長は間に合うと断言した。

 24日、平昌五輪代表最終選考会を兼ねたフィギュアの全日本選手権が閉幕。女子の五輪代表は優勝の宮原知子(19)と2位の坂本花織(17)。男子は大会連覇の宇野昌磨(20)と2位の田中刑事(23)。そして今大会を欠場しながら実績を考慮された羽生結弦(23)の3人に決まった。

 小林芳子フィギュア強化部長は羽生の代表入りについて「今はケガをしているが(五輪には)間に合う。ジャンプはしていないが、16日に氷にのった。(来年1月下旬の)四大陸選手権の代表には入っていない」と言った。

 羽生は先月、NHK杯の公式練習で右足首を負傷。右足関節外側靱帯損傷と診断され、ケガから1カ月以上が経った現在もジャンプ練習を再開できていない。開幕まで50日を切った平昌五輪はぶっつけ本番になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る