• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SNSで大騒ぎに 松山英樹を襲った“新幹線缶詰め”トラブル

「えっ、なんでそこにいるの?」

 6月21日の夜、SNSで大騒ぎになったのが松山英樹(25)だ。

 というのも直前の日本時間19日朝まで米ウィスコンシン州のエリンヒルズGCで開催されたメジャー第2戦、全米オープンでプレーしていたからだ。最終日は優勝争いを演じて、メジャーでは自身最高の2位と大活躍したばかり。

 試合後、米国での拠点であるフロリダに戻らず、すぐにお忍びで帰国していたのだ。

 それまでも松山は米ツアーの合間に何度も帰国しており、4月のマスターズ直後には日米首脳ゴルフ外交の舞台になった霞ケ関カンツリー倶楽部でのプレーが目撃されている。

 その日、松山が目撃されたのは新幹線の中だった。架線事故で京都―新神戸間で運転が見合わせになり、復旧した22日未明までの6時間近く新幹線の中に閉じ込められていた。影響を受けた5万1000人の中のひとりだったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る