カヌー薬物事件でIOC警戒 平昌五輪日本選手団に飛び火も

公開日: 更新日:

 日本の選手団は平昌五輪で厳しくマークされそうだ。

 IOC(国際オリンピック委員会)は18日(日本時間19日)、2月開幕の平昌五輪大会前ドーピング検査で、国家ぐるみの違反が発覚したロシア選手の検査数が他国の2倍だったと発表。すでにIOCは61カ国・地域の選手6000人から計1万4000件以上の検査を実施しており、昨年4~12月に採取した検体数は、2016年の同時期と比べて70%増加したという。

 IOCでは五輪期間中に違反が発覚するのを減らすため、国際競技連盟や各国の反ドーピング機関に2月9日の開幕まで検査を継続するよう求めている。開幕後も、WADA(世界反ドーピング機関)と連携して個人資格で参加する「ロシアからの出場選手は厳しくチェックする」としており、上位入賞者には複数回のドーピング検査を課す方針だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 9

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る