カヌー薬物事件でIOC警戒 平昌五輪日本選手団に飛び火も

公開日: 更新日:

 日本の選手団は平昌五輪で厳しくマークされそうだ。

 IOC(国際オリンピック委員会)は18日(日本時間19日)、2月開幕の平昌五輪大会前ドーピング検査で、国家ぐるみの違反が発覚したロシア選手の検査数が他国の2倍だったと発表。すでにIOCは61カ国・地域の選手6000人から計1万4000件以上の検査を実施しており、昨年4~12月に採取した検体数は、2016年の同時期と比べて70%増加したという。

 IOCでは五輪期間中に違反が発覚するのを減らすため、国際競技連盟や各国の反ドーピング機関に2月9日の開幕まで検査を継続するよう求めている。開幕後も、WADA(世界反ドーピング機関)と連携して個人資格で参加する「ロシアからの出場選手は厳しくチェックする」としており、上位入賞者には複数回のドーピング検査を課す方針だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る