東京五輪メダルが重圧に 日本でアスリート犯罪続出の恐れ

公開日: 更新日:

 時代は動いていると感じた――。

 カヌーの鈴木康大(32)による禁止薬物混入事件。柔道男子日本代表の井上康生監督は事件を受け、「現役時代には思いもつかなかった、非常に怖い問題」と話し、冒頭のように続けた。他者を陥れるための薬物使用は日本初。ついに、日本もここまできてしまった。

「地元開催の五輪に何とか出たい思いがあった」

 鈴木は動機についてこう語ったという。地元開催の東京五輪まであと2年。予算は総額1兆3000億円を超える。

 2015年、テレビ番組で遠藤五輪担当相(当時)が「金メダルは30個、合計メダルはリオ五輪の倍の80個」と目標を掲げると、「このくらいいかないと、目標の(世界)第3位に入らない」と付け加えた。小池都知事は今月4日の仕事始めで、「今年は平昌五輪など世界的なスポーツイヤー。この盛り上がりを2020年東京五輪・パラリンピックにつなげられるよう、国などと連携を強化する」と挨拶。“五輪ファースト”はエスカレートする一方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  7. 7

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る