右足故障から復帰も…世界女王メドベージェワに若手の壁

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートの欧州選手権(モスクワ)が17日に開幕した。

 2日目の18日は女子ショートプログラムが行われ、右中足骨骨折で昨年12月のGPファイナル(名古屋)を欠場した世界選手権金メダルのエフゲニア・メドベージェワ(18=ロシア)が復帰。ロシア連盟は今大会の結果を踏まえて、個人資格で平昌五輪に派遣する選手を決めるため、実質的な代表選考会となる。

 メドベージェワは大会3連覇を果たして代表入りを目指すが、世界女王には同じロシア勢が立ちはだかりそうだ。

 今季のロシアは若手が台頭。シニア転向1年目のアリーナ・ザギトワ(15)は優勝したGPファイナルを含めて今季4戦全勝。GPファイナル2位のマリア・ソツコワ(17)とともに平昌では表彰台が有力視される。さらに、15年ジュニアGPファイナル覇者のポリーナ・ツルスカヤ(16)も上位をうかがう。ロシア女子の出場枠は3人。故障明けで調整不足がささやかれるメドベージェワは若手2人の勢いに圧倒されかねないのだ。

 ロシアは国家ぐるみのドーピングでIOC(国際オリンピック委員会)から資格停止処分を受けた。クリーンさと強さを証明するには、表彰台に上がるしかなく、代表選考は、これまで以上に厳格に行われる。今大会のパフォーマンス次第では世界女王といえども落選してもおかしくはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る