バド元代表が“代弁” アスリートが抱える東京五輪への焦り

公開日: 更新日:

 28日、バドミントン元日本代表の池田信太郎(37)が「WANGAN ACTIONスポーツアカデミー」で子供たちを指導した。北京五輪に続いて出場したロンドンでは、潮田玲子(34)との「イケシオ」コンビで話題に。現在、東京五輪組織委員会でアスリート委員を務める池田は、インフラの環境整備や飲食戦略に携わっている。

 2020年が迫る中、カヌー選手がライバルの飲み物に禁止薬物を混入する事件が発生。東京五輪出場に固執した末の卑劣な行動だった。競技は違えど、アスリートが抱える五輪へのプレッシャーとはいかなるものか。

「20年はアスリートなら誰しも、出場自体が今後の人生にどれだけの影響を及ぼすのか分かっていて、そこから来る焦りや危機感を持っていると思う。でも、社会的価値がなくなってしまうのに、そこまでやらないといけない理由は分からない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  6. 6

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  7. 7

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  8. 8

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    カズ長男が俳優デビュー 三浦獠太が父より憧れたヒーロー

もっと見る