バド元代表が“代弁” アスリートが抱える東京五輪への焦り

公開日: 更新日:

 28日、バドミントン元日本代表の池田信太郎(37)が「WANGAN ACTIONスポーツアカデミー」で子供たちを指導した。北京五輪に続いて出場したロンドンでは、潮田玲子(34)との「イケシオ」コンビで話題に。現在、東京五輪組織委員会でアスリート委員を務める池田は、インフラの環境整備や飲食戦略に携わっている。

 2020年が迫る中、カヌー選手がライバルの飲み物に禁止薬物を混入する事件が発生。東京五輪出場に固執した末の卑劣な行動だった。競技は違えど、アスリートが抱える五輪へのプレッシャーとはいかなるものか。

「20年はアスリートなら誰しも、出場自体が今後の人生にどれだけの影響を及ぼすのか分かっていて、そこから来る焦りや危機感を持っていると思う。でも、社会的価値がなくなってしまうのに、そこまでやらないといけない理由は分からない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る