バド元代表が“代弁” アスリートが抱える東京五輪への焦り

公開日: 更新日:

 28日、バドミントン元日本代表の池田信太郎(37)が「WANGAN ACTIONスポーツアカデミー」で子供たちを指導した。北京五輪に続いて出場したロンドンでは、潮田玲子(34)との「イケシオ」コンビで話題に。現在、東京五輪組織委員会でアスリート委員を務める池田は、インフラの環境整備や飲食戦略に携わっている。

 2020年が迫る中、カヌー選手がライバルの飲み物に禁止薬物を混入する事件が発生。東京五輪出場に固執した末の卑劣な行動だった。競技は違えど、アスリートが抱える五輪へのプレッシャーとはいかなるものか。

「20年はアスリートなら誰しも、出場自体が今後の人生にどれだけの影響を及ぼすのか分かっていて、そこから来る焦りや危機感を持っていると思う。でも、社会的価値がなくなってしまうのに、そこまでやらないといけない理由は分からない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る