平昌五輪中はDNA採取も ロシア選手169人に徹底監視の目

公開日:

「ロシアからの五輪選手」は大会本番でも徹底的に監視されそうだ。

 ロシア・オリンピック委員会は25日(日本時間26日)、2月9日開幕の平昌五輪に個人資格で出場する169人の選手を発表した。

 女子フィギュアスケートのアリーナ・ザギトワ(15)、エフゲニア・メドベージェワ(18)の金メダル候補2人も選ばれた。

 国ぐるみのドーピング違反により、IOC(国際オリンピック委員会)から資格停止処分を科された同国の選手には、五輪開幕後も監視の目が光る。同日、IOCが公表した17項目に及ぶロシア選手への選考基準には、過去の違反歴の有無はもちろん、「DNAに異常がないこと」との記載もある。

 これは近年、急増している「遺伝子ドーピング」対策に他ならない。遺伝子ドーピングとは、外部からDNAや、遺伝子を改変した細胞を体内に入れて筋力増強、運動能力の向上を図る行為だ。WADA(世界反ドーピング機関)は違反行為として禁止しており、2016年7月に公開されたロシアの組織的ドーピングに関する調査書にも、複数の選手からDNAの異常が見つかったと報告されている。

 IOCは大会期間中、WADAと連携して、ロシア選手に毛髪などの提供を求め、DNAに異常がないか厳しくチェックするとみられる。

 世界を代表する美女スケーターは、通常の検査に加え、DNAまで採取されて、丸裸にされかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る