貴乃花一門から唯一当選 阿武松親方は角界の“ぶっ壊し屋”

公開日: 更新日:

 2日の相撲協会理事候補選で、貴乃花一派から唯一当選したのが阿武松親方(56)だ。

 もともとは二所ノ関一門の押尾川部屋に所属。引退後は同部屋の部屋付き親方だったが、独立の野望があり、押尾川親方(元大関大麒麟)に無断で一門外から「阿武松」の親方株を入手した。独立も株取得も寝耳に水だった師匠はこれに激怒。独立前に部屋を追い出された。

 そんな窮地を救ったのが、同じ二所ノ関一門の大横綱、大鵬だ。大鵬部屋の部屋付き親方として迎え入れ、独立までの面倒を見た。

 しかし、2010年の理事選で二所ノ関一門から強引に出馬した貴乃花親方を支持。一門を破門になり、貴乃花親方に合流した。

「親方株は一門内でやりとりするという不文律を破ったわけですからね。もともと『阿武松』を継承してきた出羽海一門内でも、株流出は問題になったそうです。しかも、大鵬さんの顔に泥を塗って破門とあって、『ぶっ壊し屋』というわけです」(タニマチ筋)

 当選後は「(貴乃花親方は)仲間、大事な友人」と話したが……。

「オレがオレがの性格なので、貴乃花親方の理念や意思を尊重するわけがない。貴乃花親方にすれば、『軒を貸して母屋を取られた』ようなものでしょう」とは、前出のタニマチ筋だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る