裏工作が裏目に 貴乃花一門は勢力ダウンどころか崩壊危機

公開日: 更新日:

 相撲協会の理事候補選が行われる前、テレビやスポーツ紙は盛んに「隠れ貴乃花」の存在を強調していた。

 貴乃花親方が一門会で、票はすべて同門の阿武松親方に入れて欲しい、自分は自身の1票で構わないと発言。他の一門に潜むシンパの票を集めれば勝負になるといわれたものの、実際に獲得したのはわずかに2票。阿武松親方の8票を加えても、基礎票の11票にすら届かなかった。貴乃花親方の2票は自身と高砂一門の陣幕親方の1票といわれるから、他の一門からの票を集めるどころか、逆に一門内の2票が流出したことになる。

「阿武松親方が自分にくるはずだった2票を山響親方に回した」と解説する向きもあるが、貴乃花一派はむしろ山響親方の票を奪おうとした。山響親方はすでに貴乃花親方と袂を分かち、執行部側についている。票は「回した」のではなく「奪われた」のが真相だ。「貴乃花一門の親方2人は一門への結束より山響親方への義理を優先した」とは、さるタニマチ筋だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る