ヒラ降格で発言力低下 孤立の貴乃花親方は新団体を設立か

公開日:

 慣例では、理事選に敗れた貴乃花親方の肩書は現在の役員待遇委員からヒラの委員に降格する。報酬は理事の月額144万8000円に対して、委員は103万2000円。

 委員は原則、理事会に出席できず、採決にも加われない。昨年12月28日に解任されるまで4期連続で理事を務めていた貴乃花親方の協会内における権限、発言力は大きく低下することになる。

 どんな組織であれ、モノをいうのはカネと権限だ。悲しいかなそれが現実で、これを手にして初めて、自らの理想を実現できる。協会改革を謳う貴乃花親方は今回、そのどちらも失った。

 いや、私には仲間がいる――そう前を向いてみても、得票2という結果は残酷だった。実は多く潜んでいるなんて言われた「隠れシンパ」が幻想だったことが露呈。それだけ組織の締め付けが厳しかったとしても、それを突っぱねてまで貴乃花親方に共感する同志はいなかったということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る