メダル危うい高梨沙羅に味方か 平昌に吹く気まぐれな強風

公開日:

 災いが福を呼ぶこともある。

 9日開幕の平昌五輪。開会式(20時開始)の予想気温はマイナス5度以下で、風が吹けば体感温度はマイナス15度以下になるともいわれている。

 屋根のない会場に集う観客たちの健康問題が日本国内でも話題になっているが、そもそも平昌は太白山脈から吹き下ろす、冷たい強風が名物。その風を利用して作るスケトウダラの干物(ファンテ)は現地の特産物だ。

 強い風は当然、アルペンやクロカン、スノボーなど、屋外競技への影響は避けられない。中でも最も影響を受けるのは、時速90キロ前後のスピードで空中に飛び出すジャンプだろう。しかも、標高700メートルの山間地の頂に造られた平昌のジャンプ台は「世界で最も危険」ともっぱらだ。

 昨年2月、女子W杯を現地取材したある記者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る