• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メダル危うい高梨沙羅に味方か 平昌に吹く気まぐれな強風

 災いが福を呼ぶこともある。

 9日開幕の平昌五輪。開会式(20時開始)の予想気温はマイナス5度以下で、風が吹けば体感温度はマイナス15度以下になるともいわれている。

 屋根のない会場に集う観客たちの健康問題が日本国内でも話題になっているが、そもそも平昌は太白山脈から吹き下ろす、冷たい強風が名物。その風を利用して作るスケトウダラの干物(ファンテ)は現地の特産物だ。

 強い風は当然、アルペンやクロカン、スノボーなど、屋外競技への影響は避けられない。中でも最も影響を受けるのは、時速90キロ前後のスピードで空中に飛び出すジャンプだろう。しかも、標高700メートルの山間地の頂に造られた平昌のジャンプ台は「世界で最も危険」ともっぱらだ。

 昨年2月、女子W杯を現地取材したある記者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る