ヒラ降格で“モギリ出直し”も 貴乃花親方の気になる今後

公開日: 更新日:

 相撲協会の執行部にとって、貴乃花親方(45)はいわゆる「反乱分子」だった。それが2日の理事候補選挙ではたった2票しか集められず、落選。これに執行部は喜々としているかといえば、必ずしもそうではない。貴乃花親方の今後の処遇という新たな問題に、頭を悩ませているという。

 現在、役員待遇委員という肩書の貴乃花親方は、慣例からヒラの委員への降格が濃厚といわれている。引退したばかりの親方は「年寄」と呼ばれ、昇進するに従い、「主任」「委員」となる。ほとんどの親方は委員で、その業務には入場の半券をもぎ取るモギリや場内警備、協会の公式グッズ販売といった、いわゆる「雑務」も含まれる。

 そこで問題になっているのが、貴乃花親方にも「モギリ」などをさせるのか、ということだ。

 しかし、そこは4期も理事職を務めていた貴乃花親方だ。選挙で大敗した直後ということもあり、一部では「引退後は不可解な言動が多いとはいえ、平成の大横綱をさらし者にするようなものだ」という声も出ているという。2014年の理事候補選で前九重親方(元横綱千代の富士)が落選して委員に降格になった際も、モギリが検討されながら、最終的に当時の執行部が断念したほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る