ヒラ降格で“モギリ出直し”も 貴乃花親方の気になる今後

公開日:

 相撲協会の執行部にとって、貴乃花親方(45)はいわゆる「反乱分子」だった。それが2日の理事候補選挙ではたった2票しか集められず、落選。これに執行部は喜々としているかといえば、必ずしもそうではない。貴乃花親方の今後の処遇という新たな問題に、頭を悩ませているという。

 現在、役員待遇委員という肩書の貴乃花親方は、慣例からヒラの委員への降格が濃厚といわれている。引退したばかりの親方は「年寄」と呼ばれ、昇進するに従い、「主任」「委員」となる。ほとんどの親方は委員で、その業務には入場の半券をもぎ取るモギリや場内警備、協会の公式グッズ販売といった、いわゆる「雑務」も含まれる。

 そこで問題になっているのが、貴乃花親方にも「モギリ」などをさせるのか、ということだ。

 しかし、そこは4期も理事職を務めていた貴乃花親方だ。選挙で大敗した直後ということもあり、一部では「引退後は不可解な言動が多いとはいえ、平成の大横綱をさらし者にするようなものだ」という声も出ているという。2014年の理事候補選で前九重親方(元横綱千代の富士)が落選して委員に降格になった際も、モギリが検討されながら、最終的に当時の執行部が断念したほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

もっと見る