世界のパワープレーに取り残される日本女子ツアーの実態

公開日:  更新日:

【ホンダLPGAタイランド】

 初日から首位キープのジェシカ・コルダ(24・米国)が、トーナメント新記録の25アンダーをマークして米5勝目を挙げた今大会。4日間20アンダー超えは3選手、10アンダー超えは25選手と米女子ツアーの激しいバーディー合戦が繰り広げられ、好スコアが続出した。

 一方、日本女子ツアーからは4選手が参戦し、堀琴音(21)は大叩きもあり3日目スタート前に体調不良のため棄権。キム・ハヌル(29)が5アンダー34位、成田美寿々(25)は2アンダー44位、イ・ボミ(29)は1オーバー51位に終わり、日米ツアーのレベル差が歴然となった。

「優勝したコルダは身長が180センチもあり、昨季ドライバー平均飛距離は270・41ヤード(ランク8位)。2位のレキシー・トンプソンは183センチ、273・78ヤード(ランク3位)と体が大きく、飛ばし屋でないとトッププレーヤーにはなれない。女子プロのドライバー飛距離は近年、ものすごいスピードで伸びており、2008年賞金女王のロレーナ・オチョアは269・30ヤードでランク首位でした。それが昨年は270ヤード超えが10選手、260ヤード超えが29選手もいます。米女子ツアーではパー5でも2オンできるようになり、スコアを伸ばすパワープレーの時代に突入しているのです」(ゴルフライター・吉川英三郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る