世界のパワープレーに取り残される日本女子ツアーの実態

公開日:  更新日:

【ホンダLPGAタイランド】

 初日から首位キープのジェシカ・コルダ(24・米国)が、トーナメント新記録の25アンダーをマークして米5勝目を挙げた今大会。4日間20アンダー超えは3選手、10アンダー超えは25選手と米女子ツアーの激しいバーディー合戦が繰り広げられ、好スコアが続出した。

 一方、日本女子ツアーからは4選手が参戦し、堀琴音(21)は大叩きもあり3日目スタート前に体調不良のため棄権。キム・ハヌル(29)が5アンダー34位、成田美寿々(25)は2アンダー44位、イ・ボミ(29)は1オーバー51位に終わり、日米ツアーのレベル差が歴然となった。

「優勝したコルダは身長が180センチもあり、昨季ドライバー平均飛距離は270・41ヤード(ランク8位)。2位のレキシー・トンプソンは183センチ、273・78ヤード(ランク3位)と体が大きく、飛ばし屋でないとトッププレーヤーにはなれない。女子プロのドライバー飛距離は近年、ものすごいスピードで伸びており、2008年賞金女王のロレーナ・オチョアは269・30ヤードでランク首位でした。それが昨年は270ヤード超えが10選手、260ヤード超えが29選手もいます。米女子ツアーではパー5でも2オンできるようになり、スコアを伸ばすパワープレーの時代に突入しているのです」(ゴルフライター・吉川英三郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る