計量失敗のネリにTKO負け…山中慎介の後味悪い引退表明

公開日:  更新日:

 それでも勝ってほしかった。

 プロボクシング・WBC世界バンタム級タイトルマッチ前王者の山中慎介(35=同級1位)が、ルイス・ネリ(23=メキシコ)との再戦で2回TKO負けした。

 相手はプロ初黒星を喫した因縁のメキシコ人。1回終盤にダウンを奪われると、2回に再びダウン。その後もダウンを奪われ、レフェリーが試合を止めてのTKO負けとなり、返り咲きはならなかった。

 ネリは昨年8月の試合後にはドーピング検査で陽性反応。今回も前日2・3キロオーバーで計量に失敗。規則違反に関する意識が低すぎる相手に「ふざけるな」と怒声を上げた山中の気持ちはよくわかる。

 ネリの計量失敗により王座剥奪となったため、その座は空位となったが、試合後山中は「これで終わりです」とキッパリと引退を表明した。後味の悪い最終戦だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る