藤澤組が混合Dで世界出場も…協会に課せられる普及と育成

公開日:

 カーリングの日本混合ダブルス選手権決勝は、平昌冬季五輪女子銅メダルのLS北見のスキップ藤沢五月と男子代表のSC軽井沢クの山口剛史ペアが初優勝。4月21日にスウェーデンで開幕する世界選手権混合ダブルスの代表に決まった。

 今回の結果は予想通りといえるが、女子の五輪メダルで人気急上昇のカーリング界にとって大事なのはこの先だ。競技人口も施設も少ないカーリングはこれまで、冬季五輪の時にしか注目されなかった。かつてはマイナー競技といわれた卓球も、福原愛らの若い女子選手の活躍により、協会は多数のスポンサーを得て、大会のテレビ中継も増えた。それが次世代の伊藤美誠や平野美宇の育成にもつながった。

 カーリング協会は、今の人気をカネに換えるために知恵を絞るべきではないか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る