• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

雄星や菅野の米移籍にも影響 大谷が左右する日本人の評価

 将来のメジャー挑戦を目指すプロ野球選手たちは、エンゼルスの大谷翔平(23)の活躍を祈るような気持ちで見守っているのではないか。

 オープン戦では投打で思うような結果が出ず、開幕まで残り1週間となった今も、開幕メジャーの確定ランプはともっていないが、前評判は異常に高い。23歳と若いうえに、投手として最速165キロをマーク。打者では2016年に侍ジャパンの強化試合で東京ドームの天井直撃弾を放つなどケタ外れのパワーを発揮。米国では「二刀流のベーブ・ルース」として「総額3億ドル(約315億円)を手にするかもしれない」と大々的に報じられたこともあるし、今年のMLBの「トッププロスペクト」では1位に挙げられている。

「大谷の活躍が今後の日本人選手の評価を大きく左右するでしょう」とは在米ライター。

「日本では菊池(西武)、菅野(巨人)、筒香(DeNA)、千賀(ソフトバンク)らが将来のメジャー挑戦を視野に入れている。菊池は最速158キロを誇る左腕で、菅野、千賀は昨年のWBCで好投した。筒香も日本屈指のスラッガー。すでに彼らは一定の評価を得ているが、大谷のそれには到底及ばない。大谷は今の日本の野球レベルを測る上での指標になっているのです」

 あるセ球団の選手は「大谷でさえ通用しないとなれば、日本球界全体がメジャー移籍に消極的になるかもしれない」とみる。

 大谷の成功の可否は大きな意味を持っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  4. 4

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  5. 5

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  6. 6

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  7. 7

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  8. 8

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    雨の降り方が一変…明治以来の土建国家の施策は破綻危機

もっと見る