雄星や菅野の米移籍にも影響 大谷が左右する日本人の評価

公開日:

 将来のメジャー挑戦を目指すプロ野球選手たちは、エンゼルスの大谷翔平(23)の活躍を祈るような気持ちで見守っているのではないか。

 オープン戦では投打で思うような結果が出ず、開幕まで残り1週間となった今も、開幕メジャーの確定ランプはともっていないが、前評判は異常に高い。23歳と若いうえに、投手として最速165キロをマーク。打者では2016年に侍ジャパンの強化試合で東京ドームの天井直撃弾を放つなどケタ外れのパワーを発揮。米国では「二刀流のベーブ・ルース」として「総額3億ドル(約315億円)を手にするかもしれない」と大々的に報じられたこともあるし、今年のMLBの「トッププロスペクト」では1位に挙げられている。

「大谷の活躍が今後の日本人選手の評価を大きく左右するでしょう」とは在米ライター。

「日本では菊池(西武)、菅野(巨人)、筒香(DeNA)、千賀(ソフトバンク)らが将来のメジャー挑戦を視野に入れている。菊池は最速158キロを誇る左腕で、菅野、千賀は昨年のWBCで好投した。筒香も日本屈指のスラッガー。すでに彼らは一定の評価を得ているが、大谷のそれには到底及ばない。大谷は今の日本の野球レベルを測る上での指標になっているのです」

 あるセ球団の選手は「大谷でさえ通用しないとなれば、日本球界全体がメジャー移籍に消極的になるかもしれない」とみる。

 大谷の成功の可否は大きな意味を持っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る