巨人戦で登板濃厚 松坂の本拠地開幕戦に球団がかける期待

公開日:  更新日:

 ほっとした関係者は少なくない。

 松坂はオープン戦最終試合のロッテ戦に先発し、5回6安打3失点。「すっきり抑えたかったので、そこは残念だったが、予定通り投げられてよかった」と、自身は93球の投球に合格点をつけた。

 森監督が松坂を先発起用する最低条件は、勝利投手の権利が得られる5回を投げ切ること。この日はその条件をクリアし、「シーズンに向けて1つ上の段階に来た」と評価した。

 松坂はソフトバンク時代に痛めた右肩に不安を抱えているため、26日以降の肩や肘の回復具合に問題がなければ、ホーム開幕カードの巨人戦(4月3~5日)での登板が濃厚だ。

 ちなみに、この日のナゴヤドームの観客数は3万6096人でほぼ満員。松坂が投げる巨人戦は平日だが、球団職員や売店関係者は同等の来場者を期待している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る