四川省と仙台の自宅を売り払って立ち上げた「張本卓球場」

公開日: 更新日:

 現在、市内外の3歳から中学3年生まで、定員いっぱいの男女30人が通う張本卓球場からオリンピック選手を輩出したいという宇さんの話は、まんざらはるかな夢でもない。

 張本の妹で9歳の美和は、小学1年時に全日本選手権バンビの部(小学2年生以下)で優勝、その後も2年連続で年代別大会に準優勝している。

 昨年7月には水谷隼や兄と同じ木下グループと契約を結び、今年の1月からは孫雪さん(26)が仙台に来て、専属で美和の指導に当たっている。“ミウミマ”こと、平野美宇や伊藤美誠を指導していた孫コーチは、こんなふうに期待している。

「美和ちゃんは智和君同様、基本フォームがとてもきれいで、パワーもあります。気持ちがものすごく強くて、トップ選手になるセンスがあると思います。まだ体力が足りずに、集中力が不足していましたが、それもだんだん良くなっていますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  4. 4

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る