• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

四川省と仙台の自宅を売り払って立ち上げた「張本卓球場」

 現在、市内外の3歳から中学3年生まで、定員いっぱいの男女30人が通う張本卓球場からオリンピック選手を輩出したいという宇さんの話は、まんざらはるかな夢でもない。

 張本の妹で9歳の美和は、小学1年時に全日本選手権バンビの部(小学2年生以下)で優勝、その後も2年連続で年代別大会に準優勝している。

 昨年7月には水谷隼や兄と同じ木下グループと契約を結び、今年の1月からは孫雪さん(26)が仙台に来て、専属で美和の指導に当たっている。“ミウミマ”こと、平野美宇や伊藤美誠を指導していた孫コーチは、こんなふうに期待している。

「美和ちゃんは智和君同様、基本フォームがとてもきれいで、パワーもあります。気持ちがものすごく強くて、トップ選手になるセンスがあると思います。まだ体力が足りずに、集中力が不足していましたが、それもだんだん良くなっていますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る