• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3歳で片鱗 父親が明かす「チキータ」「チョレイ」誕生秘話

「私のそばにいて、東北一の大学に進んでほしかったのに、いつの間にか……」

 張本智和の母・凌さんはため息をつく。いつの間にかというより瞬く間にと言った方がいいだろう……。

 1歳になると、母は赤ん坊を背中におんぶして仕事場の卓球センターに通った。歩き始めると、ラケットを手にヨチヨチ歩きでボールを追いかけていたそうだ。そうした環境もあるが、3歳3カ月の秋に大会のバンビの部(小2以下)に初めて出場し2人抜きで4位に入るなど、早々に才能の片鱗を見せた。父の宇さんは、ボールゲームは競技を早く始めることがカギだと言う。

「私が驚いたのは、福原愛ちゃんです。彼女は3歳から卓球を始めている。だから、あそこまで強くなった。20年前には中国でもせいぜい5歳からです」

 福原愛が幼稚園時代から勝ち続けた話は知られているが、張本の成長も早かった。小学1年で全日本のバンビの部で初めて全国優勝。そこから各年代別で優勝を重ね、男子で初めて6連覇を達成。福原が持つ女子の7連覇に迫り、その間に小4で全日本ジュニア(高校以下)、小6で全日本選手権の一般の部に史上最年少出場を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る