3歳で片鱗 父親が明かす「チキータ」「チョレイ」誕生秘話

公開日:

「私のそばにいて、東北一の大学に進んでほしかったのに、いつの間にか……」

 張本智和の母・凌さんはため息をつく。いつの間にかというより瞬く間にと言った方がいいだろう……。

 1歳になると、母は赤ん坊を背中におんぶして仕事場の卓球センターに通った。歩き始めると、ラケットを手にヨチヨチ歩きでボールを追いかけていたそうだ。そうした環境もあるが、3歳3カ月の秋に大会のバンビの部(小2以下)に初めて出場し2人抜きで4位に入るなど、早々に才能の片鱗を見せた。父の宇さんは、ボールゲームは競技を早く始めることがカギだと言う。

「私が驚いたのは、福原愛ちゃんです。彼女は3歳から卓球を始めている。だから、あそこまで強くなった。20年前には中国でもせいぜい5歳からです」

 福原愛が幼稚園時代から勝ち続けた話は知られているが、張本の成長も早かった。小学1年で全日本のバンビの部で初めて全国優勝。そこから各年代別で優勝を重ね、男子で初めて6連覇を達成。福原が持つ女子の7連覇に迫り、その間に小4で全日本ジュニア(高校以下)、小6で全日本選手権の一般の部に史上最年少出場を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る