• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3歳で片鱗 父親が明かす「チキータ」「チョレイ」誕生秘話

「私のそばにいて、東北一の大学に進んでほしかったのに、いつの間にか……」

 張本智和の母・凌さんはため息をつく。いつの間にかというより瞬く間にと言った方がいいだろう……。

 1歳になると、母は赤ん坊を背中におんぶして仕事場の卓球センターに通った。歩き始めると、ラケットを手にヨチヨチ歩きでボールを追いかけていたそうだ。そうした環境もあるが、3歳3カ月の秋に大会のバンビの部(小2以下)に初めて出場し2人抜きで4位に入るなど、早々に才能の片鱗を見せた。父の宇さんは、ボールゲームは競技を早く始めることがカギだと言う。

「私が驚いたのは、福原愛ちゃんです。彼女は3歳から卓球を始めている。だから、あそこまで強くなった。20年前には中国でもせいぜい5歳からです」

 福原愛が幼稚園時代から勝ち続けた話は知られているが、張本の成長も早かった。小学1年で全日本のバンビの部で初めて全国優勝。そこから各年代別で優勝を重ね、男子で初めて6連覇を達成。福原が持つ女子の7連覇に迫り、その間に小4で全日本ジュニア(高校以下)、小6で全日本選手権の一般の部に史上最年少出場を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    敗れた日本戦でも露呈 コロンビアは不思議な“一流国”

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    事務所は否定も…Hey!Say!岡本圭人の脱退は時間の問題

  9. 9

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  10. 10

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

もっと見る