• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

卓球のプロとアマをめぐるシビアな人的交流の中で生きる

 相撲にモンゴル閥があり、駅伝にケニア閥がある。しかし、卓球の中国閥はもっと根が深い。

 卓球はもともとヨーロッパで生まれた競技だが、1990年代に入って中国が世界を制するようになった。95年から10年間の世界選手権では、全種目の91%のタイトルを中国勢が取っている。

 卓球の日本リーグに初めて中国人助っ人が登場したのは87年。その後も多くの選手が来日したが、今世紀に入ってから徐々にこの数が減り、それには理由があった。

 中国卓球協会は95年に誕生していた卓球リーグを、00年に超級リーグへ発展させてプロ化を打ち出した。

 一方の日本実業団リーグは不況から企業がチーム保持の目的を失って撤退が続き、中国選手の流入は減って、むしろ福原愛のように、日本選手が中国へと逆流を始めたのだ。さらに09年、中国卓球協会は自らの1強時代に見切りをつけ、世界競争による卓球の発展を促すべく大胆な“養狼計画”を打ち出した。“狼”すなわちライバルをつくろうと、自国のコーチの海外派遣を奨励し始めたのだ――宇さん夫婦の人生もこの流れをなぞっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る