卓球のプロとアマをめぐるシビアな人的交流の中で生きる

公開日:

 相撲にモンゴル閥があり、駅伝にケニア閥がある。しかし、卓球の中国閥はもっと根が深い。

 卓球はもともとヨーロッパで生まれた競技だが、1990年代に入って中国が世界を制するようになった。95年から10年間の世界選手権では、全種目の91%のタイトルを中国勢が取っている。

 卓球の日本リーグに初めて中国人助っ人が登場したのは87年。その後も多くの選手が来日したが、今世紀に入ってから徐々にこの数が減り、それには理由があった。

 中国卓球協会は95年に誕生していた卓球リーグを、00年に超級リーグへ発展させてプロ化を打ち出した。

 一方の日本実業団リーグは不況から企業がチーム保持の目的を失って撤退が続き、中国選手の流入は減って、むしろ福原愛のように、日本選手が中国へと逆流を始めたのだ。さらに09年、中国卓球協会は自らの1強時代に見切りをつけ、世界競争による卓球の発展を促すべく大胆な“養狼計画”を打ち出した。“狼”すなわちライバルをつくろうと、自国のコーチの海外派遣を奨励し始めたのだ――宇さん夫婦の人生もこの流れをなぞっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る